クリスマスのお話~なぜ、松ぼっくりをかざるの?

こんにちは。お花通訳の小黒佐和子です。

疑問に思ったことないですか?

 

なぜ、クリスマスは、松ぼっくりとリンゴ?
こまどり ポインセチア??

私は、アメリカのビル・ヒクソンフラワースクールで伝統的なクリスマス飾りをすべて習いました。
ヒクソン先生は、ホワイトハウスのクリスマス飾りを担当していたので、必ず伝統的なものを飾っていたので、とても詳しく教えていただけました。

では!

「松ぼっくり」の由来

 

マリアとヨセフが逃げている時に。
そのときに、大きなもみの木が、こちらにとモミの実のついた葉を覆い隠してくれて、助かったのです。
無事キリストが生まれました。

勇者のモミということで、「松ぼっくり」・・もみの実を飾るそうです

こちらのリース、本場アメリカのフラワーアレンジメントで伝統的なリースを学んできたときの作品です。


そんなもみの木の実をたたえるアレンジです。
暖炉の上などに伝統的なものを飾ります。

子供部屋のものは・・・。
白と赤・・・蝶を飾るのは・・・永遠の象徴という意味。

子供の好きなキャラタクターやクッキーなども飾ります。
(アメリカ)

その家の古いものを飾り・・・永遠を願います。

この場合は、古い楽譜に、楽器をつけます。

音楽の楽器もクリスマスには、とても必要です。

寝室などにかざるのかなぁ~。


リース・和は、永遠という意味です。
これは・・・伝統的なクリスマスリース

意味のある作品に昔の人の願いを感じました。

300年後から!
クリスマスデコレーションが始まりましたが・・・

その最初の始まりは・・・

冬至のために、日が短くなり・・・

人々は、太陽が死んでしまうのではないかと悪いことが起こると・・・。
自然のものを家の中や玄関に飾り魔よけとして、飾ったのが始まりで柊が、当時飾られました。

グリンは、太陽がもたらしてくれた永遠の象徴。
そして、赤は、太陽という意味です。

やがてその赤は、キリストが生まれた象徴ともなりました。

ヒイラギには、そんな意味があります。

また、すみれ・・・クリスマスローズもクリスマスの象徴になったのは?

天使が、マリアにキリストを生んで欲しいとたのんで生まれたときに、お祝いに馬小屋の周りに
スミレをいっぱい咲かせたという意味があるそうです。

そして、なぜオレゴンモミなのかは、葉の形が十字の文字から、十字架の象徴となり、クリスマスのモミとなりました。

今年は、伝統的なクリスマスリースを飾って、遠い昔、人々が永遠の幸せを願ったように、あなたも祈りませんか❔


素敵な聖夜の夜に、あなたの願いが届くように、オレゴンモミは味方になってくれますよ♪

運気アップのオレゴンモミのクリスマスリースだから、飾らなくちゃね!

人気があれば、またお話ししていきます。

リンゴ? コマドリ? ポインセチア?などなど。

感想聞かせてね。

大好きな人に120%喜ばれるお花のオーダーメイド
「チャンミの花工房」

電話
090-9130-9624
(クリックするとつながります)

ご予約・お問合せフォーム

ご注文について

レッスンのご案内

よくあるご質問

お客様の声

無料メルマガ「女子の運気をごっそり上げるお花の見つけ方講座」

【大好きな人に120%喜ばれるオーダーメイドのお花】

贈らる人も贈る人も喜ぶお花をご提案をしてます。

大切な記念日に贈る世界で一つのお花

結婚記念日、誕生日 母の日 新築祝い 卒業祝い 入学祝い
彼女に贈るお花 新築祝い 退職祝い 開店祝い こだわり派のあなたへ。
お悔みのお花 お仏壇のお花

生花・プレミアム造花・枯れない不思議なお花(プリザーブドフラワー)など、その場その場にあったお花をプロの目から選んで、アドバイスしながら、あなたの想いを形にして、フラワーアレンジメントに想いを込めていきます。

2015年10月17日 | Posted in └クリスマスいい話♪ちょっとこぼれ話♪ | | Comments Closed 

関連記事