お盆ですね。お仏壇に菊のお花を供える時に、もっとも長く咲くコツは、これ!

お盆の期間中は、菊の花が大活躍ですね。

こう暑いと、菊の花しかもたないけど、それでも、菊の花もすぐ枯れてしまう時もしばしばですね。

菊のお花は、他の花より長く咲き続ける事から、仏花に最適といわています。

今日は、菊の花を飾る時に、これをすれば、比較的水が濁らなくなり、お花にも栄養が行く、もっと長く咲くコツ教えます。

わかりやすくするために、1輪の菊の花を飾る設定で、説明します。

まず、菊の花は、葉がもっとも栄養をとってしまうので、少し葉を間引きます。

こんな感じです。 花瓶に入ってしまう、下の方の葉全てカットしてくださいね。

そして、ここからがポイント!

 

 

この←の残った葉や芽が、水を汚し、栄養をいっぱい必要としてしまいます。

ですから、綺麗にとってね。

 

 

こんな風に、綺麗にね_ρ(^^ )ノ

そして、薔薇など他の花のほとんどは、水切りして、ハサミやナイフでカットしますが!

菊は、おります。

カットしたい部分を、1本ずつ親指をそえて、ポキッとおって、花瓶にさしてあげてね。

毎日お水かえてほしいけど、忘れてしまっても、今までとは違いますよ。

お仏壇に供えるお花、3日も持たなくて、イラットきたら、ご相談くださいね。

あなたの心もお仏壇も明るくなったと、大人気です。

ブログへご訪問いただき、ありがとうございました。

お花通訳・小黒佐和子

【大好きな人に120%喜ばれるオーダーメイドのお花】

贈らる人も贈る人も喜ぶお花をご提案をしてます。

大切な記念日に贈る世界で一つのお花

結婚記念日、誕生日 母の日 新築祝い 卒業祝い 入学祝い
彼女に贈るお花 新築祝い 退職祝い 開店祝い こだわり派のあなたへ。
お悔みのお花 お仏壇のお花

生花・プレミアム造花・枯れない不思議なお花(プリザーブドフラワー)など、その場その場にあったお花をプロの目から選んで、アドバイスしながら、あなたの想いを形にして、フラワーアレンジメントに想いを込めていきます。

2015年08月03日 | Posted in 日々の出来事 | | Comments Closed 

関連記事