クリスマスに何故コマドリをかざるの?

今日は、クリスマスに必ず飾られる駒鳥のお話です♪

 

ヒクソンスクール・ハワイ校で習った
駒鳥の由来

マリア様が・・・

キリストが生まれたときに
馬小屋の暖炉の火・・・焚き火かな・・・
その火が小さくなったので
馬や牛に息を吹きかけて欲しいと
たのむのですが・・無視されました。

そこへ駒鳥が飛んできて、羽で
火を仰いでくれますが・・

やけどをしてしまいます。

マリアは、そのやけどをキリストを寒さから助けた
名誉として残してくれました。

駒鳥のおなかが赤いのは、そんな意味があります。

そして、クリスマスやイースターでは、小鳥が飾られるようになりましたρ(^^ )ノ

 

 

伝統的なクリスマス

・駒鳥のクリスマスアレンジの紹介

 

最初のセンターピースは、駒鳥とヒイラギともみを使い
もっとも、伝統的にキリストの誕生を祝う意味のある作品です。

 

意味がわかると・・・もっとクリスマスがたのしくなるね(*^_^*)

伝統的な駒鳥のアレンジでした。

手作りのお花のプレゼント
あなたの想いを託して、制作させていただいてます。
花通訳しますよ。

 

 

 

ブログへご訪問いただき、ありがとうございました。

お花通訳・小黒佐和子

【大好きな人に120%喜ばれるオーダーメイドのお花】

贈らる人も贈る人も喜ぶお花をご提案をしてます。

大切な記念日に贈る世界で一つのお花

結婚記念日、誕生日 母の日 新築祝い 卒業祝い 入学祝い
彼女に贈るお花 新築祝い 退職祝い 開店祝い こだわり派のあなたへ。
お悔みのお花 お仏壇のお花

生花・プレミアム造花・枯れない不思議なお花(プリザーブドフラワー)など、その場その場にあったお花をプロの目から選んで、アドバイスしながら、あなたの想いを形にして、フラワーアレンジメントに想いを込めていきます。

2014年12月13日 | Posted in 日々の出来事 | | Comments Closed 

関連記事